Medium ff9db8fc6c88f658

あなたが運動しても痩せない10の理由。確実に痩せる運動方法とは?

運動しても痩せないのは、実は10の理由があります。痩せないと悩んでいる方、まずは自分が運動しても痩せない理由を探ってみましょう。今回は、頑張っている運動を無駄にしないために、痩せる運動方法と運動効果を高める食事法を紹介します。

カテゴリー:ダイエットの基本  作成者:Akiyama  投稿日:2018/07/17

目次

運動しても痩せない10の理由

Aa69f207f6f625c4

ダイエットの基本は、適度な食事制限と運動を行うことです。しかし、食べる量を減らしても、どれだけ運動しても痩せないという方も中にはいるでしょう。そこには10の理由があります。

極端な食事制限

ダイエットでは、ある程度の食事制限はもちろん必要です。しかし、極端な食事制限を続けていると、体は飢餓状態となり、危機的状況だと判断した体はエネルギーを使わないようになります。少しの栄養でも溜め込むようになるため、逆に太ってしまうのです。

体が飢餓状態のときに、運動をしたらどうなるでしょう?なるべく消費カロリーを使いたくない体としては、運動による消費カロリーも抑えたいので、どれだけ運動しても痩せることはできないのです。

朝ごはんを食べていない

朝時間がなかったり、摂取カロリーを減らすためなどの理由で朝ごはんを食べていないと、1日に必要な栄養を摂取できなくなってしまいます。必要な栄養素をしっかりと摂取しながらダイエットをすることで、綺麗に痩せるためのコツです。そして、朝ごはんを抜くことで昼ごはんや夕ごはんの吸収率が高まってしまいます。

また、食事と体内時計は密接な関係があります。ですので、朝ごはんを抜くことで体内時計が狂ってしまうのです。それが原因で、脂肪を分解する働きが弱まってしまいますので、しっかりと朝ごはんを食べるようにしましょう。

運動したことによる安心感

摂取カロリーよりも、消費カロリーの方が多ければ痩せることができます。そう思って運動に励むわけですが、運動で消費したからと安心してお腹いっぱいに食べてしまったら、せっかくの運動も台無しです。増やした消費カロリーよりも、摂取カロリーが増えることになり、運動しても痩せることができません。

中途半端な運動量

自分では運動を頑張っているつもりでも、実はそんなに運動量が多くないことがあります。運動はある程度の強度がかかってこそ、効果が現れるものなのです。脂肪燃焼には、ウォーキングなどの有酸素運動が良いと言われますが、ダラダラ歩いたり運動時間が短いと、いくら運動をしても痩せることはできません。

筋肉量の不足

00d3c5807153a86d

ダイエットでは脂肪を燃焼することに集中しがちですが、脂肪を燃焼するには筋肉が必要です。筋肉量が増えると代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなります。筋肉量を増やすには、筋トレなどの無酸素運動が必要です。無酸素運動をせずに、有酸素運動をいくら頑張っても、筋肉量が増えないので痩せることができません。

空腹時の運動

運動しても痩せない方の多くは、空腹時に有酸素運動を行っている可能性があります。血糖値が低い空腹時に有酸素運動を行うと、糖が少ないために筋肉を分解して得られるエネルギーが使われるようになります。筋肉量が少なくなるため、代謝が落ちてしまい、運動しても痩せないのです。

有酸素運動と無酸素運動のバランス

B0d56877ece65453

ダイエットに有酸素運動はとても効果的ですが、だからといって有酸素運動ばかりをしていないでしょうか?確かに有酸素運動をすることは良いことなのですが、脂肪を燃焼させるためには筋肉量が必要になります。そのためには筋トレなどの無酸素運動が効果的です。

無酸素運動で筋肉量を増やすことで基礎代謝量がアップし、有酸素運動をした際の脂肪燃焼効率が高まるのです。有酸素運動だけ、無酸素運動だけではなく、有酸素運動と無酸素運動のバランスが大切です。

運動のやり方が間違っている

ダイエットのための運動としてウォーキングやジョギングを取り入れている方も多いと思います。しかし正しいウォーキングやジョギングをしないとダイエット効果はあまり期待できません。

ウォーキングの際に注意したいのが姿勢です。背筋を真っ直ぐ伸ばして、胸を張って前を見ながら歩くのが正しい姿勢です。また、歩くスピードで消費カロリーが変わるので、なるべく早歩きをすることも大切です。

また、ランニングの場合は走る前に筋トレをするようにしましょう。そうすることで筋肉が増えて消費できるカロリー量がアップします。ランニング中は喋りながらでも走れるくらいのペースを維持し、無理なく楽しく続けられることがポイントです。

生活習慣がだらしない

ダイエットには規則正しい生活習慣を送ることも重要です。ちゃんと睡眠時間をとっていますか?適切な睡眠時間は7時間です。7時間睡眠をとることで成長ホルモンが分泌され、1日におよそ300kcal消費することができます。また、食事面に関してもドカ食いはもってのほかです。

どんなに運動をしてカロリーを消費したとしてもそれ以上に食事でカロリーを摂取してしまっては全く意味がありません。ダイエットを成功させるためには運動だけでなく、正しい睡眠や食事を心がけましょう!

体重だけで判断している

ダイエットというと体重を減らすことばかり考えてしまいがちですが、体重の増減だけでなく、体脂肪やウェストサイズも気にするべきです。1日の中でもちょっとしたことで体重は増えたり減ったりするので、そうした体重の増減で一喜一憂するのではなく、体重・体脂肪・ウェストサイズを定期的に測って記録し、目標に向かって長期的に取り組んでいくというマインドを持つようにしましょう。

運動で確実に痩せる7つの方法

9a3c16a42dc07329

どれだけ運動しても痩せないのは、やり方が間違っているからです。運動で痩せるためは、次の7つのことを意識して行いましょう。

無酸素運動から始める

7aff20250626f735

筋トレだけ、有酸素運動だけでは痩せることはできません。どちちらも、痩せるためには必要な運動です。しかし、むやみに行っても十分な効果は期待できません。運動で痩せるなら、筋トレなどの無酸素運動をした後に有酸素運動を行いましょう。

筋トレを行った後は、成長ホルモンの分泌により、脂肪分解酵素が増えます。脂肪分解酵素だけでも脂肪を燃焼しているような気になりますが、この時点では分解されただけで、脂肪をエネルギーとして使う準備が整っただけです。

準備が整った状態で有酸素運動を行うと、脂肪がどんどん燃焼されていきます。逆の順で行うと、成長ホルモンの分泌量が減るため、脂肪が燃焼されにくく、せっかくの運動も台無しになってしまいます。

目標心拍数をもとに、有酸素運動をする

De36d0bd676c8ea5

有酸素運動がしっかりできているのかを確認するために、心拍数が一つの目安になります。心拍数は、運動強度が大きければ上昇していくものです。同じ運動をしても、人によって心拍数の上昇値は異なりますが、効率良く脂肪が燃焼する目標心拍数を知ることで、安全で効果的な有酸素運動をすることができます。目標心拍数を知るには、まず最大心拍数を計算します。

  • 最大心拍数=220-年齢

最大心拍数をもとに、目標心拍数を求めます。運動強度は、体力に自信のない方で60%、普通の方で70%、自信のある方は80%が目安になります。

  • 目標心拍数=最大心拍数×運動強度(%)

例えば30歳女性で体力が普通の方の場合、最大心拍数は190、目標心拍数は133になります。この方の場合は、133の心拍数を保って有酸素運動を行うと、効率良く脂肪が燃焼できるというわけです。

運動中にどのくらいの心拍数が保たれているのかを把握するには、指や手首などに心拍計をつけると良いでしょう。また、呼吸も心拍数を知る指標となります。息が弾む程度の、運動強度を保ちながら行うと良いでしょう。ウォーキングの場合で言えば、歩きながらも人と会話ができる程度が目安です。

まとめて運動をしない

運動しても痩せないという方は、1回にまとめて長時間の運動していたり、過度にやりすぎている可能性があります。有酸素運動は毎日行っても良いのですが、週3回でも十分効果があります。1時間の運動を週に1回まとめて行った場合と、週に3回20分ずつ行った場合では、実は後者の方が効果的です。

週に1回まとめて運動を行っても、次の週まで脂肪燃焼効果は持続しません。運動を短時間でも分けて行うことで、持続効果が消えないうちに再び有酸素運動を行うことができるため、効果を持続することができます。運動する順番は、無酸素運動からですが、無酸素運動後の代謝が高まっている状態は48時間あると言われています。

197646a21d260eed

スポンサーリンク

つまり、有酸素運動を2日に1回行っても、無酸素運動の効果は続いているため、問題はないのです。この2日に1回という頻度は、無酸素運動においてもちょうど良い頻度だと言えます。無酸素運動を行うと、筋肉は疲労しているため、パワーダウンします。

疲労した筋肉は回復するまでに、48~72時間が必要だと言われています。筋肉が回復しないうちに無酸素運動を行うと、筋肉に負担がかかり、筋力アップどころか衰えさせてしまうのです。運動はまとめて行わず、こまめに行うようにしましょう。

午前中に運動する

午後よりも午前中の方が交感神経が優位になるので、午前中に運動を行う方が脂肪燃焼効果は高くなります。しかし起きてすぐは血糖値がまだ低く、運動をするのは良くないので、起床後数時間ほど経ってから運動をするようにしましょう。朝起きてきちんと朝食を食べることで血糖値を上げることができます。

たんぱく質を摂取する

脂肪を効率よく燃焼させるためには筋肉量を増やすことが大切です。ですから、その筋肉の生成をサポートしてくれるたんぱく質を積極的に摂取するようにしましょう。たんぱく質を摂取して筋肉量をアップさせることで基礎代謝が良くなり、痩せやすい体質へと変化していきます。そして脂肪燃焼効果も高まって綺麗に痩せることができます。納豆や鶏肉、大豆などにたんぱく質が豊富に含まれています。

夏より冬に積極的に運動する

冬は夏より気温が低くなるので、身体は体温を上げようとします。体温を上げるために脂肪を燃焼させることで熱エネルギーに変換するので、冬のほうが痩せやすくなります。ですので、痩せやすい冬こそ積極的に運動することで、より一層痩せやすくなるのです。

脂肪燃焼サプリも併用する

運動をする前に脂肪燃焼サプリを摂取しておくと、運動での脂肪燃焼効果がより高まります。そんな脂肪燃焼サプリは数多く販売されていますが、中でも「シボヘール」がおすすめです。

D3a2a916747d796d
  • 脂肪の合成抑制・分解・燃焼をサポート
  • 機能性表示食品なので安心
  • お腹周りの脂肪燃焼に効果的
シボヘール 価格表
初回限定価格 980円
2回目以降 2,808円
解約 いつでも可能

シボヘールには葛の花由来イソフラボンという成分が含まれています。この成分の働きで、脂肪の合成を抑制するので体に脂肪がつきにくくなりますし、既に体についてしまった脂肪を分解したり燃焼したりする働きもあります。また、シボヘールは機能性表示食品といって、消費者庁からその効果を認められた商品ですので安心かつ安全なサプリメントなのです。

シボヘールの他にも脂肪燃焼系サプリは販売されています。そこで、話題の脂肪燃焼系サプリ8個の効果と口コミを比較してみました!

運動効果を高める食事法

6090852e5b1dd2e4

ダイエットは運動だけしても、十分な効果は期待できません。適度な食事制限はもちろんですが、運動の効果を高める食事法をすることも大切です。運動しても痩せないという方は、食事のタイミングと、食事内容を見直してみましょう。

食事のタイミング

8326266de5ae75b6

空腹時の運動は、代謝の低下に繋がるので良くありません。とは言え、満腹時に運動すると胃腸に負担がかかるため、おすすめできません。運動するときは、最低でも2時間前までに食事を済ませるようにしましょう。こうすることで、筋肉量を落とさずに脂肪を燃焼することができます。

もし、運動の2時間前までに食事が摂れない場合は、運動強度を落として、運動後に食事を摂るようにしましょう。運動前に食事をしたからと言って、運動後に食事を摂らなくて良いというわけではありません。運動をすると、体は疲労しているため栄養補給を行う必要があります。

中には、運動直後は食欲がないという方もいるかもしれません。そんなときは、運動後30分程してから摂るようにしましょう。運動後2時間もすると、筋肉が分解され始めます。筋肉の分解は代謝の低下に繋がり、運動しても痩せない原因にも繋がります。運動後の食事は、2時間以内に済ませましょう。

運動前後の食事内容

B33ac00cac4e03ad

運動前

運動前後の食事内容にも、気を付けましょう。固形物は消化に時間がかかるため、2時間前までに食事を済ませる必要があります。しかし、いくら2時間前だからと言っても、脂っこいものを食べることはおすすめできません。2時間前であっても、胃腸に負担のかからないパンやおにぎり、うどんやそばなどを摂り、腹八分目までに抑えておきましょう。

運動後

運動後はお腹がすいて、高カロリーなものを食べたくなるかもしれませんが、ここで食べてしまってはせっかくの運動効果も台無しです。運動後は、ビタミンやミネラルが豊富な野菜、良質なタンパク質を摂るようにしましょう。運動後に食欲がないという方でも、プロテインなら飲みやすい上に、良質なタンパク質が摂れるのでおすすめです。

病気?生理中だから?他にもある運動しても痩せない理由

574560eaaaee3f6c

ここまで一般的な痩せない理由を見てきましたが、実は他にも痩せない理由があります。そこで、意外と知られていない痩せない理由をご紹介します。

生理中だと運動しても痩せない?

生理前は、食欲を増やすとともに脂肪や水分を体内に溜め込んで代謝を下げてしまう働きをするプロゲステロンというホルモンが大量に分泌されます。そのため、食欲の欲求に負けてしまって暴飲暴食を繰り返してしまうとカロリー摂取量が増えてしまいます。これが生理中は痩せにくいと言われる原因なのです。

しかし、生理終了1週間前くらいからは痩せやすいエストロゲンというホルモンが分泌されるようになります。この頃は、脂肪燃焼の働きが強くなって基礎代謝を上げるには最適の時期ですので、生理終了1週間頃から生理後にかけて、積極的に運動をするようにしましょう。

生理後は痩せやすい時期です。特に生理後1週間で一気に痩せるための食事や運動方法を徹底的に解説しています。

更年期だと運動しても痩せない?

8b35b7ee9c559b17

更年期に入ると女性の体は今までより大きく変化してしまいます。その1つが女性ホルモンの分泌が減ってしまうことです。特にエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ることで、基礎代謝量が減ってしまって脂肪の燃焼の効率が悪くなります。

また、筋肉が衰えてしまうことも基礎代謝が下がってしまう原因になります。そして痩せにくい体になってしまうことで内臓脂肪が増えてしまうのです。更に女性ホルモンの分泌の減少で自律神経が乱れることも痩せない原因になります。

しかし、更年期の女性は確かに痩せにくくなってしまいますが痩せないわけではありません。運動をすることで筋肉を増やすことはできますし、その結果脂肪を燃焼させて痩せることはできます。また運動は、更年期障害特有のイライラやうつなどの症状を和らげる効果ありますし、自律神経の乱れも整えてくれます。

運動しても痩せないのは病気?

きちんと正しい運動もして生活習慣にも気をつけているのに一向に痩せないという場合は、何らかの病気を患っている可能性があります。主に、甲状腺ホルモンの分泌が減る甲状腺機能低下症や糖尿病、不眠症、肝臓系や腎臓系の病気があります。

これらの病気にかかっているといくらダイエットを頑張っても効果はほとんどありません。なぜ痩せないのかと疑問に思ったら、一度病院で診察を受けることをおすすめします。

そんなに食べていないのになぜか太ってしまったという経験はありませんか?そんな方のために、食べてないのに太る原因8つをまとめました。もしかしたら病気の可能性もあるかもしれません。

運動しても痩せない原因まとめ

運動しても痩せないという方は、痩せない10の理由の中で思い当たるふしがあったかもしれません。もしその場合はその原因をまずは改善しましょう。そして、痩せるための運動の効果を引き出すためには、効果的な運動方法と食事方法を試してみて下さいね。そうすれば確実に痩せることができるはずです。まずは原因を把握して、正しい運動と生活習慣を心がけることがダイエットの第1歩です!

人気記事

www.buysteroids.in.ua/kupit-zhiroszhigateli/clenox-klenoks.html

https://cleansale.kiev.ua

У нашей компании важный портал со статьями про www.profshina.kiev.ua.