Medium 56b105965792335c

グリーンコーヒーのダイエット効果は?効果的な飲み方も紹介!

グリーンコーヒーダイエットって知っていますか?コーヒーを飲む習慣のある人は、おすすめのダイエット法☆脂肪燃焼効果が高く、ダイエットに最適といわれるグリーンコーヒーの効果や飲み方を詳しく紹介します!いつものコーヒーをグリーンコーヒーに変えるだけで楽々ダイエット♪

カテゴリー:飲み物コーヒー  作成者:aid  投稿日:2018/08/14

目次

グリーンコーヒーって?ダイエット効果があるって本当?

グリーンコーヒーは、ダイエット大国アメリカのテレビ番組で、ダイエット効果があるとして紹介されて話題になりました。日本では認知度は低いですが、アメリカではセレブもこぞって飲むほど、ブームになっているんですよ!
グリーンコーヒーなんて初めて聞いたという人のために、この記事ではグリーンコーヒーとはどんなものなのか、どういう効果があるのかについて詳しくご紹介していきます。

グリーンコーヒーと普通のコーヒーは何が違うの?

Fc2e0081c018fb18

出典:

グリーンコーヒーと普通のコーヒーの違いは「焙煎しているかどうか」ということ。生のコーヒー豆で淹れたコーヒーがグリーンコーヒー、焙煎した豆で淹れたコーヒーが普通、私たちが飲むコーヒーです。焙煎前のコーヒー豆は淡いグリーン色であることから、グリーンコーヒーと呼ばれます。
焙煎の有無で違ってくるのは「クロロゲン酸」の量。焙煎していないグリーンコーヒーには、普通のコーヒーよりも多量のクロロゲン酸が含まれているのです。クロロゲン酸のダイエット効果については、次の章で詳しく触れていきます!

普通のコーヒーもダイエットに効果的です☆コーヒーダイエットについて詳しく知りたい方は、次の記事もお読みください!

グリーンコーヒーの効果の理由は『クロロゲン酸』!

3851c35d37cc3865

出典:

本来、生のコーヒー豆にはクロロゲン酸という成分が豊富に含まれていますが、クロロゲン酸は熱に弱く、焙煎すると失われてしまいます。

【クロロゲン酸の効果1】脂肪燃焼を促進する

クロロゲン酸には、体に蓄積した脂肪の燃焼を促進する効果があります。
体脂肪は、肝臓や筋肉の細胞内にある「ミトコンドリア」の働きで燃焼し、エネルギーに変換されます。クロロゲン酸は、脂肪のミトコンドリア内への取り込みを促進し、ミトコンドリアを活性化するので、エネルギー変換効率が高まるのです。
そのため、クロロゲン酸を摂取してから運動をすると、脂肪が効率よく燃焼し、ダイエット効果も高まると言われています。

【クロロゲン酸の効果2】血糖値の上昇を抑える

グリーンコーヒーは、肝臓での糖の生成を抑える働きがあり、その結果、血糖値(血中の糖濃度)を抑えてくれる効果があります。
血糖値が上がると、それを低下させるためにインスリンというホルモンが分泌されますが、あまりにも血糖値が高いとインスリンの分泌が間に合わず、血中に糖が余ってしまうことになります。
この余った糖は、最終的に脂肪成分に代謝され体内に脂肪として蓄積してしまいます。血糖値の上昇を緩やかにすることは、ダイエットにとってとても重要な意味を持つのです。

【クロロゲン酸の効果3】糖尿病を予防する

血糖値の高い状態が続くと、インスリンの分泌が正常に行われなくなり、糖尿病などの病気を引き起こしてしまう可能性があります。糖尿病になると、動脈硬化などを引き起こしやすく、心筋梗塞などの合併症に繋がる恐れもあります。
グリーンコーヒーのクロロゲン酸が血糖値を抑える働きは、ダイエットの脂肪抑制だけではなく、糖尿病に対する予防、さらには治療薬としても期待されているのです。

【クロロゲン酸の効果4】アンチエイジング

グリーンコーヒーのダイエット以外の嬉しい効果としてアンチエイジング効果が挙げられます。
本来、人は歳を重ねると、体内に活性酵素という成分が増えます。この活性酵素は、肌にシミを作ったり、シワをできやすくしたり、またハリを失わせたり、と老化の原因となるもの。
クロロゲン酸には抗酸化作用があり、体内の活性酵素を撃退してくれる働きがあるのです。ポリフェノールに抗酸化作用があることは有名ですが、クロロゲン酸もポリフェノールの一種であることから、抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待できます。

グリーンコーヒーの効果的な飲み方

36c87b282bd2e251

グリーンコーヒーの嬉しい効能がわかったところで、グリーンコーヒーの正しい飲み方を見ていきましょう。作り方も非常に簡単なので、すぐに始めることができますよ!

使う水の種類は?

硬水よりも、軟水や蒸留水で淹れたグリーンコーヒーのほうがクロロゲン酸の濃度は高くなります。理由は、硬水に含まれるマグネシウムイオンとクロロゲン酸が化学反応を起こしてしまうため。硬水を使うと、クロロゲン酸が減ってしまうんですね。
市販のミネラルウォーターを購入するときは、硬水は避け、軟水を選ぶようにしましょう♪

お湯の温度は?

ポリフェノールは熱に弱い性質を持ちますが、クロロゲン酸が減少し始めるのは、比較的高めの185度くらいと言われています。ですから、沸騰したての熱々のお湯でなければ大丈夫!
ポリフェノールの効果を引き出す理想の温度は、沸騰して少し経った90~95度程度のお湯だそう。
ボコボコと沸騰したヤカンのお湯をコーヒー専用の注湯ポットに移し替えると、ちょうど90度くらいの適温になりますよ。

コーヒーメーカ―を使っていい?

コーヒーメーカーで淹れても問題はありませんが、おすすめはペーパードリップ☆
ペーパードリップで淹れたほうが、クロロゲン酸の濃度が高かったという研究結果が出ています。
ペーパードリップのメリットは、粉がまんべんなくお湯を含んで膨らむことと、抽出時間を調整できるということ。
ペーパードリップで淹れるときは、コーヒー粉の中心に「の」の字を描くようにゆっくりお湯を注ぐようにしてください。コーヒー粉が浮き上がるほどの量のお湯を入れず、適量のお湯を2~3回に分けて入れるのがコツですよ♪

飲むタイミングはいつがいい?

グリーンコーヒーは、食事の30分前に飲むのがベストです。
グリーンコーヒーを食前に飲むことで、血糖値の急な上昇を抑え、食事で摂取する糖の吸収を抑える効果が期待できます。
また、運動する習慣がある方は運動前にグリーンコーヒーを飲むのもおすすめ♪脂肪がエネルギー変換されやすい状態にしてくれるので、運動効率がグッと上がりますよジョギングや水泳などの有酸素運動前の水分補給にぜひ☆

コーヒー好きならバターコーヒーダイエットもおすすめ!

9c5117f14475e509

出典:

バターコーヒーダイエットとは、コーヒーにバターを入れたものを飲むダイエットです。
バターコーヒーダイエットの特徴は、「グラスフェッドバター」と呼ばれる不飽和脂肪酸が含まれたバターを使うこと☆このバターを使うことで、脂肪の蓄積抑制や血流改善、代謝アップの効果が期待できます!

バターコーヒーダイエットのやり方は、朝食代わりにバターコーヒーを2杯飲むというだけ。バターの良質な脂肪分を摂ることで、腹持ちもよくなります。
ルールはたった一つ。夕食をとってから次の食事をとるまで、16~18時間空けるということ!その間には、朝食代わりのバターコーヒー以外口にしないようにしてください。
バターコーヒーを毎朝淹れる時間がないという方は、「チャコールバターコーヒー」がおすすめ♪

\溶かすだけで手間いらず!活性炭入りのバターコーヒー☆/

Ce7e90f77639ef10
  • 内容量:30包入
  • 通常価格:2,480円(税別)
  • 特別価格:1,980円(税別)
  • 保証・特典:3個購入で1個無料

チャコールバターコーヒーには、特殊製法のバターパウダーが配合されていて、太る原因となる脂肪酸をカット!簡単に溶けるから、ホットでもアイスでも溶かすだけで簡単に飲むことができます。忙しい朝には嬉しい手軽さですね。
そのうえ、活性炭や食物繊維をプラスされていてデトックスも期待でき、ダイエット効果は抜群です。特別価格で換算すると、1杯あたり66円♪缶コーヒーよりもお得な値段で購入することができますよ!

バターコーヒーダイエットについてもっと知りたい方はこちら!

話題のグリーンコーヒーダイエット始めませんか?

今回は、アメリカでブームになっているグリーンコーヒーについてご紹介しました。いつものコーヒーをグリーンコーヒーに変えるだけ。コーヒー好きな方にはストレスなく始められるダイエット法と言えますね。
日本では、まだまだ認知度が高いとはいえないグリーンコーヒーダイエットですが、流行に敏感なダイエッターはもう始めていますよ。アナタも乗り遅れないよう、明日からでも始めてみては?!美味しく手軽に美ボディを手に入れましょう!

人気記事

У нашей организации классный интернет-сайт про направление ofrentcompany.com.
просування сайтів

У нашей фирмы интересный веб сайт с информацией про https://tsoydesign.com.ua.