Medium 5c420dcb762a20f1

1日1000キロカロリー摂取で痩せる?知識を身につけ正しくダイエット!

「短期間で痩せることができる」といわれる1日1000キロカロリーダイエット。かなりきつめのカロリー制限ですが、本当に痩せることはできるのでしょうか?今回は、ダイエットの基礎知識や摂取カロリーについて詳しくチェックしていきます。

カテゴリー:生活習慣食生活  作成者:yui1927  投稿日:2018/04/19

目次

短期間で痩せるのは難しい

「今すぐ痩せたい!」「短期間で痩せない」とお悩みの方は多いですよね。ダイエットは時間がかかるもので、短期間で痩せることはとても難しいのです。そんな悩みを解消できると噂の1日1000キロカロリーダイエットはたして本当に短期間で痩せることはできるのでしょうか?

本記事では、1日1000キロカロリーダイエットで期待できる体重減少や、注意点について徹底調査しました。正しい知識を身につけ、1日1000キロカロリーダイエットを実践しましょう。

1日1000キロカロリーダイエットとは?

では、そもそも1日1000キロカロリーダイエットは、どのような方法で痩身を狙っていくのでしょうか?概要をチェックしていきましょう。

877dea19ee8b3f49

1日1000キロカロリーダイエットとは、その言葉通り1日の摂取カロリーを1000キロカロリー以内に抑えるダイエット方法です。食事制限系ダイエットに、かなりきつめの制限を設けています。このダイエット方法は多くの女性から「短期間で痩せることができる」「すぐに体重が減る」と注目されているのです。

1日1000キロカロリーを実践する前に身につけておくべき知識

1日1000キロカロリーダイエットは、1日の摂取カロリーを1000キロカロリー以内に抑える方法だとわかりました。簡単に実践できそうな方法ではありますが、事前にしっかりとダイエット知識を身につけておく必要があります。次は、1日1000キロカロリーダイエットを実践する上で、必須の知識について解説していきます。

D25e8f04cf8eab72

体が痩せる仕組みについて

まずは、体が痩せる仕組みについてです。1日1000キロカロリーダイエットを実践する前に、体が痩せるメカニズムについて学んでいきましょう。体が痩せるときは、下記の図式が成り立っているときです。

  • 消費カロリー>摂取カロリー

消費カロリーが摂取カロリーを上回っていると、余分なエネルギーが脂肪などから消費されるため、少しずつ体が痩せていきます。反対に、太るときは摂取カロリーが消費カロリーを上回っています。消費されなかった余分なエネルギーが、脂肪として体に蓄えられてしまうのです。

基礎代謝について

次に、基礎代謝についてです。基礎代謝とは、人がなにもせず生命活動を行っているだけで消費されるカロリーのこと。つまり、生きているだけで消費される最低限のエネルギーを指します。基礎代謝量は筋肉量や体重によって異なりますが、およその目安は下記の通りです。

年齢別基礎代謝目安(身長150cm体重50kg/身長160cm・体重60kg)
20代女性 約1,260kcal 約1,370kcal
30代女性 約1,190kcal 約1,300kcal
40代女性 約1,120kcal 約1,200kcal

左側が身長150cm体重50kg・右側が身長160cm体重60kgの女性の基礎代謝目安です。また、自分のだいたいの基礎代謝を知りたい場合は、下記の計算式で求めることができます。

  • 665.1+(9.6×体重kg)+(1.7×身長cm)-(7.0×年齢)=基礎代謝

これは、ハリス・ベネディクト式の計算で自分のおよその基礎代謝を求めることが可能。また、体組成計や体重計によっては、体重や体脂肪率をはかると同時に基礎代謝量を計算してくれるものもあります。基礎代謝は、ダイエットを考える上で欠かせない消費カロリーを左右するもの。しっかりと自分の基礎代謝を把握しておきましょう。

生活代謝について

最後に、生活代謝についてです。生活代謝とは基礎代謝とは別物で、日常生活をしている中で消費されるカロリーのこと。歩いたり喋ったりすることで消費されるカロリーです。生活代謝は、人によってそれぞれ。1日のトータル消費カロリーは「基礎代謝」×「生活活動強度指数」で求めることができるので、計算してみましょう。

過ごし方別・生活強度指数の目安
立ち作業が多い場合(激しい運動なし) やや低い 生活強度指数=1.7
デスクワークが多い場合 低い 生活強度指数=1.5

立ち作業が多い方の生活強度指数は1.7。接客業の方や、日常的に軽い散歩などをする方はこの区分に当てはまり、下記の計算で1日の消費カロリーを予測できます。(例:基礎代謝1,200kcal女性)

  • 1,200kcal(基礎代謝)×1.7(生活活動強度指数)=2,040kcal

デスクワークが多い方の生活強度指数は1.5。PC作業が多い職場で働いていたり、あまり外出しない方はこの区分に当てはまり、下記の計算で1日の消費カロリーを予測できます(例:基礎代謝1,200lca;女性)

  • 1,200kcal(基礎代謝)×1.5(生活活動強度指数)=1,800kcal

このように、自分のおよその目安は基礎代謝と生活強度指数で求めることが可能。人が痩せるためには「消費カロリー>摂取カロリー」という図式が成り立っている必要があるので、自分の1日の消費カロリーを知っておくことはとても大切です。1日1000キロカロリーダイエットを実践する前に、一度自分の基礎代謝をもとに消費カロリーについて考えてみましょう。

また、下記記事ではダイエット中の摂取カロリーに関して詳しく解説しています。「ダイエットの基礎知識をさらに深めたい」という方は、ぜひご覧になってください。

1日1000キロカロリー摂取でどのくらい痩せる?

ダイエットの基礎知識が身につきましたね。人の体が痩せるのは「消費カロリー>摂取カロリー」の図式が成り立ったとき。では、1日1000キロカロリーに制限した場合、どのくらい痩せることができるのでしょうか?期待できる体重減少について予測していきましょう。

50a4f1a1aaab6626

期間別の体重減少目安

ここでは、1日の消費カロリーが1,800kcalの女性を例として考えていきます。1日1000キロカロリーダイエットを行った場合、期間別に痩せられる体重の目安は下記の通りです。

1日 0.1kg
1週間 0.8kg
1ヶ月 3.3kg

ダイエットスタート時は水分が減少しやすい

上記の予測を見て「全然痩せられないじゃん」と感じた方も多いですよね。実は脂肪だけを重視したもの。消費カロリーが1,800kcalで、1日1,000kcalを摂取した場合差し引きは800kcal。これをもとに期待できる脂肪減少量を割り出したのです。

しかし、ダイエット中に体内で減少するのは脂肪だけではありません。ダイエットスタート時は体内の水分量が減少しやすいため、上記よりもかなり体重を削減できる可能性があります。中には1週間で「3kg痩せた」という方も。短期間での体重減少には個々の水分量などによって、差があることを覚えておきましょう。

脂肪を1kg落とすには7200キロカロリーの消費・削減が必要

脂肪を1kg落とすためには、なんと7,200kcalの消費・削減が必要です。さきほどの予測では、1日の削減カロリーを800kcalとして計算しました。1日800kcalマイナスを目標にダイエットして、脂肪を1kg落とすためには約9日。3kg落とすためには27日かかる計算となります。

もちろん1日1000キロカロリーダイエット中は、脂肪以外にも体重が落ちる要因があります。しかし、ダイエットの基本は「脂肪を落とす」こと。どんなにカロリー制限を行っても、脂肪自体を落とすには時間がかかることを覚えておきましょう。

ポイント

・ダイエット序盤は水分減少により体重が落ちやすい
・脂肪自体が1kg落ちるまでには、7,200kcalの消費・削減が必要

スポンサーリンク

1日1000キロダイエットのメニュー例

F612007270d83719

朝の1食分カロリー目安は300kacl程度。さまざま組み合わせが考えられますが、ここでは和食メニューをチェックしていきます。

  • ごはん(約168kcal)
  • 納豆(約60kcal)
  • わかめ味噌汁(約45kcal)

昼の1食分カロリー目安は350kcal。職場で昼食をとる方も多いと思いますので、簡単にできるメニューをチェックしていきます。

  • グリーンサラダ(115kcal)(ドレッシング込み)
  • サンドイッチ(230kcal)
  • コーヒー(0kcal)(ブラック)

夜の1食分カロリー目安は350kcal。自宅でゆっくり過ごすことも多いので、自炊もしやすいですね。できるだけカロリーを抑えられるメニューをチェックしていきます。

  • 冷奴(65kcal)
  • 蒸し鶏(272kcal)

上記のメニューはあくまでも一例に過ぎません。食材を組み合わせることで、メニューのバリエーションは広がります。食材のカロリーをリサーチしながら、メニューを考えてみてくださいね。ただし、1日1000キロカロリーダイエットは、とてもハードな方法。めまいがしたり、体調が悪くなった場合はすぐにダイエットを中止してください。

また「朝昼きちんと食べて夜にカロリーコントロールを行いたい」という方も多いでしょう。そんな方には「すっきりレッドスムージー」を使って、置き換えダイエットをすることをおすすめします。

Ae1f40609fd91bb8
  • ポリフェノール・W酵素・乳酸菌・食物繊維を配合
  • 1日不足分の野菜とフルーツを補える
  • トロッとしていて飲みごたえあり

すっきりレッドスムージーは、1日不足分の野菜とフルーツを補えるアイテム。1日1000キロカロリーダイエット中は食物繊維や野菜が不足しがちなので、しっかり補いたいですね。すっきりレッドスムージーの1杯分のカロリーは約11.52kcalなので、安心して飲むことができますよ!

すっきりレッドスムージーの価格情報
通常価格 6,480円(税抜)
ラクトクコース 初回特別価格 980円(税抜)

すっきりレッドスムージーは、定期便であるラクトクコースに申し込むことで、初回980円で購入できます。ラクトクコースは4回以上の継続が条件となりますが、とてもお得!気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

【危険!?】1日1000キロカロリーダイエットの注意点

最後に、1日1000キロカロリーダイエットの注意点をご説明します。実は、1日1000キロカロリーダイエットにはリスクもたくさん。しっかりと踏まえた上で、ダイエットを行っていきましょう。

6c00413464295204

栄養不足になってしまう可能がある

1日1000キロカロリーダイエットでは、大幅なカロリー制限を行います。さきほど、基礎代謝は人が生命活動を維持するための最低限の消費カロリーだとお伝えしましたが、摂取カロリーが基礎代謝を下回ると体調に不調が生じる可能性があります。

カロリーは、人によって大切なもの。内臓や筋肉を動かすために必須なのです。1日1000キロカロリーダイエットを行い、体調に不調を感じた場合はすぐに中断してください。また、できる限り摂取カロリ-は基礎代謝を下回らないよう気をつけることが大切です。

リバウンドのリスクが高い

1日1000キロカロリーダイエットは、リバウンドのリスクも高めです。というのも、1日1,000kcalというのはかなりハードなカロリー制限。短期間は我慢出来ても、ずっと継続することは難しいでしょう。

一気にカロリーを制限し「痩せたから」といって、元の食生活に戻すとリバウンドのリスクがかなり高くなります。リバウンドのリスクを考えるのであれば「摂取カロリーは1日1500キロカロリー」など、無理なく続けられる目標にしましょう。

基礎代謝が落ちてしまう

体重を落とした場合、脂肪と一緒に筋肉が落ちる可能性があります。実は、基礎代謝のうち筋肉による消費は2割を占めるのです。つまり、筋肉が落ちるとともに基礎代謝も低下。結果的に、1日の消費カロリーが少なくなってしまいます。

ダイエットをしながら筋肉量を維持するためにはトレーニングが必須。自宅でできる「腹筋・スクワット・腕立て伏せ」などを積極的に行いましょう。

また、筋肉を効率よくアップさせるためにはサプリメント「DCH(ディープチェンジHMB)」の摂取がおすすめ。女性は男性よりも筋肉がつきにくい傾向にあるので、トレーニングのサポートとなる成分をしっかりと摂り入れましょう。

68f93619316f178b
  • 筋肉増加を促進するHMB・BCAAを高配合
  • トレーニングのパフォーマンスを高めるオルニチン・クレアチン配合
  • こだわりの成分比率

DCHには、筋肉増加を促進する必須アミノ酸が豊富に含まれています。さらに、トレーニングの効率をアップするオルニチンやクレアチンも配合。独自の成分比率で、筋トレをサポートしてくれるのです。

DCH(ディープチェンジHMB)の価格情報
通常価格(約1ヶ月分) 13,000円(税抜)
公式サイトからの定期コース初回申し込み (約7日分) 500円(税抜)

DCH(ディープチェンジHMB)は、公式サイトから定期コースに申し込むことで約7日分のサプリメントが500円で購入できます。さらに、定期コースは2回目以降1ヶ月分9,100円・5回目以降7.020円とお得が続きます。定期コースは1回でも解約可能なので、気軽に試すことができますよ!

正しい知識を身につけてダイエットを行おう

1000キロカロリーダイエットは短期間で痩せられる方法ではありますが、リスクも多く存在します。「今すぐ痩せたい」という方は1000キロカロリーダイエットを実践するのもアリですが、健康面には十分配慮が必要です。

今回ご説明したダイエットの基礎知識を理解できれば、おのずと自分に合った摂取カロリーがわかるはずです。健康的にリバウンドなくダイエットするためには、摂取カロリーが基礎代謝を下回らないよう調整を行ってください。体調に気を配りながらダイエットを進めていきましょう。

人気記事