Medium f1c1d082b65bfbec

酵素って何?今知るべき効果と効能、摂取方法とは

酵素ドリンクや酵素サプリメントなど、最近は酵素という言葉をよく耳にします。美容に敏感なヘルシー志向の女性たちの間でも、なにやら酵素は流行っている模様!一体酵素にはどんな働きや効果があるのでしょうか?

カテゴリー:その他ダイエット法酵素ダイエット  作成者:ミラクルPT  投稿日:2018/06/01

目次

酵素って何に効くの?

健康や栄養の話になると必ず耳にする「酵素」。どうやら私たちの健康にとって重要な要素らしいのですが、あなたは酵素が何者かご存知ですか?

実はこの酵素、ちょっと調べてみたらとんでもない働きをもっており、とてつもない効果を出す成分ということがわかってきました。酵素は、地球上に存在しているあらゆる生命体の中に存在しているもので、生命体が命をつなぐためには欠かせない成分であることがわかっています。
今回はその酵素の効果・効能について詳しく見ていきます!

酵素の種類

酵素は発見されているだけでおよそ3,000種類以上あると言われています。酵素は大まかに、体内にある内部酵素(潜在酵素)と、食物から得る外部酵素(食物酵素)に分けることができ、内部酵素はさらに消化酵素と代謝酵素にグループ分けできます。

内部酵素 消化酵素、代謝酵素
外部酵素 食物酵素

消化酵素

978fc3b6ee85a52b

消化酵素は、その名の通り「消化を助けてくれる酵素」です。この酵素は、私たちが口から食べたものが胃に入ってきたときに働き始めます。

たんぱく質に多く含まれる「アミラーゼ」、脂肪に含まれるプロテアーゼは分解効果のあるリパーゼという酵素になり、食べ物を消化して腸へ送り込む働きを持っています。

ここできちんと消化できないと、腸で栄養分がしっかり吸収できず、せっかく食べたものの栄養効果は発揮されません。よって、消化酵素の不足は便秘や肥満の原因となってしまうのです。

代謝酵素

F504cf55043d9b08

消化酵素が働き、エネルギーに変わると今度はそれを体の中でで代謝酵素が働き出します。
運動、呼吸、脳の思考、排出、新陳代謝、ウィルスをやっつける、などの働きに帰るのが代謝酵素の役割です。

体内酵素は消化酵素に優先的に使われて、残りが代謝酵素に回されます。そのため、消化のために酵素をたくさん使ってしまうと代謝酵素として使える分が少なくなってしまいます。

消化酵素と代謝酵素の関係

前述のように、この2つの酵素の量は決まっており、さらに加齢によって年々減っていきます。そしてこの2つの酵素は、お互いに決まった量の中で働きあっています。つまり、もし消化酵素に60%を使ってしまったら、代謝酵素は残りの40%で何とかしなければならないのです。

例えば、暴飲暴食で一気に食べ物が体内に入ってくると、消化酵素の働きが急激に増してしまいます。そこで、消化することに80%使われてしまったとしましょう。すると、残りの20%しか代謝酵素に回らないのです!
「歳をとったら若い時と同じように食べていても太りやすくなる」というのは、加齢によって酵素が減って代謝酵素に使える量が減ってしまうからです。

食物酵素

08a280fbc988f363

加齢で減っていく2つの酵素をサポートするのが、体外から入ってくる食物酵素の役目です。体外から常に新鮮な食物酵素を取り入れておけば、消化酵素と代謝酵素のバランスが維持できます。

食物酵素は多くの食べ物に含まれていますが、その中でも生野菜や果物、また発酵食品に多く含まれています。だからこそ、毎日の食生活にサラダなどの野菜や果物を食べることが重要になってくるのです。

ポイント

酵素は生の野菜、果物、発酵食品に多く含まれている。これを食べれば体外から酵素を補える!

酵素の特徴

酵素の量は年齢と共に減る

2e22f841ef228695

酵素の量は年齢と共に減っていきます。一生のうちに作られる酵素の量が決まっているのに、添加物の摂りすぎや食べ過ぎなどで消化酵素を無駄遣いしてしまうと、消化酵素にたくさん使ってしまい代謝酵素に使える分が減ります。
すると結果的に新陳代謝が衰え、脂肪が燃焼しにくくなり太りやすい体質になってしまいます。

熱に弱い

スポンサーリンク

酵素はタンパク質でできています。なので熱に弱いという特徴があります。
卵の白い部分はタンパク質の塊です。ゆで卵にすると白く固まりますよね?あの部分は熱によってタンパク質が変成してしまった状態です。

酵素も同じく、加熱されると変成して酵素として働かなくなってしまいます。酵素が耐えられる温度は50〜70℃が限界です。
野菜炒めにしたり、果物をぐつぐつ煮てジャムに加工すれば生野菜や果物に入っていた酵素は働かなくなってしまうということです!
だから現代の食生活では酵素が不足しやすいんですね。

酵素の効果

美容

F92cb6ad781bbefa

「肌は腸を映し出す鏡」とも言われています。つまり、肌荒れやニキビ肌の人は腸内環境も荒れているというわけです。腸内環境が悪くなる原因で一番多いのが便秘です。この便秘を解消するのに酵素は有効です。

酵素を摂取すると、消化力が上がって消化不良が解消されて便が出やすくなるからです。腸内細菌は酵素を作り出す働きがあるので、腸内環境が整えば酵素の量も増えていき、好循環が生まれます。

酵素の量が増えると肌のターンオーバー(生まれ変わり)の速度が早くなるので、肌荒れやニキビも改善されるようになりますよ♪

ダイエット効果

食べ過ぎなどで消化酵素をたくさん使ってしまうと、代謝酵素に回せる分が減って代謝力がダウンします。ここで外部から酵素を補ってあげると、代謝酵素に使える分が増えるので代謝力がアップし、痩せやすくなります。

酵素を使ったダイエット法には、酵素入りのドリンクだけ飲んで数日断食する「酵素ファスティング」というやり方があります。この方法だと酵素が補える上に、消化酵素を無駄遣いしないので代謝力が高まり、リバウンドしづらい体になります。

健康効果

酵素の数は3,000種類以上あると言いましたが、中にはドロドロの血液をサラサラにしてくれたり、細胞を酸化から守ってくれるものもあります。つまり、酵素を摂取すると血液が詰まって起こる動脈硬化や脳梗塞などの血栓症や、細胞の酸化による老化現象が予防できるというわけです。

年齢とともに酵素の量は減ってしまいますが、消化酵素を無駄遣いしないような食生活を心がけて、外部から酵素を摂取していれば健康を維持できます。

酵素を摂取する方法

新鮮な生の食べ物

4cc840375ce9e00d

体内酵素の量は上限がありますが、食べ物から食物酵素を摂取すればそれが体内で消化酵素として働いてくれます☆
特に酵素が多いのは、新鮮な生の食べ物です!

  • 野菜類:キャベツ、玉ねぎ、アボカド
  • 果物:りんご、バナナ、柑橘類
  • 発酵食品:納豆、味噌、チーズ、ヨーグルト、醤油、みりん

果物の柑橘類は特に脂肪分解酵素リパーゼを多く含んでいるので、脂肪分が多い食事が気になる方におすすめです。

ただし、酵素は50〜70℃でほとんど働かなくなってしまうので、できるだけ生サラダ、酢の物、漬物、などにして食べましょう。
酢は酵素の働きを活性化させてくれるので、生野菜の酢漬けのピクルスやマリネは特におすすめです。

また、すりおろしりんごや大根おろしなど、生の野菜や果物をすりおろして食べるのも効果的です。酵素は細胞の中に入っているので、そのまま食べると細胞の外側の酵素しか摂取できないからです。酵素の効果をアップさせたいなら、すりおろして食べてみてくださいね。
大根おろしならハンバーグやサンマなどの付け合わせにぴったりです。

生酵素サプリ・酵素ドリンク

とはいえ、野菜嫌いだったり、忙しかったりで生野菜や果物を毎日摂取するのが難しい人もいると思います。手軽に毎日摂取するなら、生酵素サプリや酵素ドリンクがおすすめです!
ですが、酵素ドリンクには食品衛生法のルールで加熱加工されているものが多いので、新鮮な酵素が摂取できない可能性もあります。
確実に酵素を摂取するなら、加熱加工されていない生酵素サプリが良いです。
おすすめの生酵素サプリについて知りたい方はこちらの記事をチェックしてみてください☆

酵素はサプリでの摂取が簡単!酵素を生活に取り入れよう♩

以上、酵素の特徴や効果、効能についてお伝えしました。
酵素はもともと体内にありますが、年齢とともに減っていってしまうんでしたね。その結果、消化不良や代謝ダウンなどが起こる。それを補うには生の食べ物から摂取する食物酵素が欠かせないということでした!

酵素は生野菜や生の果物、発酵食品に多く含まれているので、こういったものを積極的に食事に取り入れてみてください。「もっと手軽に酵素を摂取したいよ〜」という人は生の酵素が摂取できる生酵素サプリを試してみてくださいね☆

人気記事

www.alt-energy.in.ua/product-category/solnechnye-batarei/krepleniya-solnechnyh-batarej/

У нашей фирмы важный портал , он рассказывает про payeer.com отзывы.
www.cafemarseille.com.ua